木造施設を他構造と比較した場合の工事費の差異について

2018年09月03日

【林野庁からの情報】

平成29年度林野庁補助事業のうち、「木造公共建築物誘導経費支援事業」
について、事業報告書及び概要版を補助事業実施主体の一般社団法人木を
活かす建築推進協議会(木活協)のホームページに掲載したので業務の参
考としてください。

<平成29年度木造公共建築物誘導経費支援事業 事業報告書(木活協ホームページ)>
http://www.kiwoikasu.or.jp/technology/s01.php?no=395

<平成29年度木造公共建築物誘導経費支援事業 概要版>
対 象:小学校(約8m角の2教室と中廊下、2階建てを基本単位として比較)
結果概要:実在する鉄筋コンクリート造の小学校について、木造で再設計して
工事費を比較したところ、木造の方が安くなった。
http://mokuzouka.kiwoikasu.or.jp/
<※上記ページの「木造化・木質化に係るコスト比較」の「概要版」からご覧いただけます。>

また今回、併せて
平成28年度木造公共建築物誘導経費支援事業の概要版も掲載しましたので
業務の参考としてください。

<平成28年度木造公共建築物誘導経費支援事業 概要版>
対 象:保育室と遊戯室
結果概要:実在する木造の保育室と遊戯室について、鉄骨造で再設計して工事費を比較したところ、
保育室は木造の方が安く、遊戯室は木造と鉄骨造でほぼ同等となった。
http://mokuzouka.kiwoikasu.or.jp/
<※上記ページの「木造化・木質化に係るコスト比較」の「概要版」からご覧いただけます。>


一般社団法人 宮崎県建築士会

〒880-0802
宮崎市別府町2-12
宮崎建友会館3F
TEL 0985-27-3425
FAX 0985-27-3698

携帯・スマホはこちら

行事カレンダー