CPD制度・専攻建築士制度とは

「建築士会 CPD」と「専攻建築士制度」のオープン化について


日本建築士会連合会では、CPDと専攻建築士の2つの仕組みをより広く活用していただけるよう、会員以外のすべての建築士や建築技術者にも拡げる、オープン化に踏み切りました。宮崎県では平成21年度より会員以外にオープン化しています。


 参加者用ログイン / 参加者用ガイドライン

出席データの記録方法としては以下の3つで、出席記録を行うことになります

  1. 出席リストの提出:(主催者が作成)
    講習会主催者から提出された「出席者リスト」により、CPD認定した団体(建築士会等)がサーバーに登録
  2. 当日、会場に用意された[手書き記入用名簿]に「CPD番号建築士番号」と「カナ氏名」を本人が記入する

※注意※
手書き記入の際に、間違った記入や 建築士番号もしくはCPD番号(11桁)の記入漏れがあった場合、データ登録ができなくなることがあります。

CPDについて

  1. CPD手帳がなくなり「ICカード」になります。(裏面は建築士会会員証として使用)
    --講習会場に行き、カードを提出する事によりデータ登録される仕組みになります--
  2. 委員会型プログラム、認定教材以外の自習学習型、実務は、登録の対象外です。
  3. 単位はすべて1時間(端数がある場合30分以上)1単位となります。推奨単位は12単位/年です。
  4. プログラムは原則、事前認定を受けなければなりません。
  5. 認定教材はネットで設問に解答し、正解であれば登録できるようになります。
  6. 現在CPD手帳をお持ちの方は、新制度移行後もバーコードシールにより取得したCPD単位はそのまま有効となります。

CPD認定プログラム一覧について(CPD情報システム)

全国のCPD認定プログラムは、下記より検索できます

手数料の変更について(平成22年4月1日より)

初期登録料 会員:無料 非会員:2,500円
CPDカード発行費 会員:720円 非会員:1,500円
データ管理費 会員:500円/年 非会員:2,500円/年

※以下を希望される方は、別途費用がかかります。

建築CPD情報提供制度の利用 年額 500円(1年毎に必要です)
カード送料 宅配 490円

※手数料の変更の内容について

■平成25年4月1日よりデータ管理費が変更になりました。

会員 2,000円/年 → 500円/年
非会員 4,000円/年 → 2,500円/年

■平成25年4月1日より証明書発行手数料が変更になりました。

CPD実績証明書発行手数料 500円/人 → 2,000円/人

一般社団法人 宮崎県建築士会

〒880-0802
宮崎市別府町2-12
宮崎建友会館3F
TEL 0985-27-3425
FAX 0985-27-3698

携帯・スマホはこちら

行事カレンダー